宝塚-星組

【星組】『Killer Rouge』(2018)感想

星組公演、ショー『Killer Rouge』感想です。好き過ぎて、私の中で殿堂入りショーの1つになりました。ちなみに現在の殿堂入りは、アパショナード・宝塚幻想曲・ラエスメラルダ・そして今回のキラールージュです!!

まず大好きになった理由として、全ての場面が繋がっている、という点が大きい。ショーは、プロローグ→色々あって→中詰→救世主的な場面→ロケット→男役燕尾→デュエットダンス→パレード、というの流れが多いのだけど、その中でも私はともかく救世主的な場面が苦手。それは、急に違う話が差し込まれたように思えて、ショーに対する集中力が欠けてしまうことが多いから。今回もそういう場面はあったのだけど、「星」をテーマにした場面で、ショーのテーマである「紅い星」とリンクされてて最後まで楽しむことができた。

そしてもう一つは、天寿光希さんが大活躍されていたこと!!私は元々天寿さんのお芝居が大好きで、そこから見るようになったのだけど、今回中心の出番があって嬉しかった。プロローグは男役さん中心の場面でダンスして、プロローグの後はセンターで歌い、終盤の場面はAが付く役で衣装が天寿さんオンリーの色だった。その中でもやはりプロローグ明けの場面が注目!!爽やか笑顔ですっごくかっこ良かった!!

あとは階段での男役さんのダンス場面では、雪組『La Esmeralda』の場面と同じ音楽ですっごく懐かしく感じた。雪組バージョンでは、その音楽の後、咲妃みゆさんの「♪Sunny」で、私はそれが大好きだったから、本当に懐かしかったな。また、アドリブ場面もあり、客席が盛り上がっていてとても楽しかった。

ともかく、衣装が赤でかっこいい・主題歌もキャッチーで覚えやすい・場面ごとも「紅」「星」で繋がりがあることから、大好きなショーになりました。台湾公演中継してくれたら絶対行きます!!