ウエストエンド

’19→’20年末年始ロンドン#3 『Ian Mckellen on stage』と観客に求められる教養

2日目は、『Ian Mckellen on stage』を観劇しました。舞台でも映画でも活躍する、イアン・マッケランの一人舞台。『ロード・オブ・ザ・リング』、シェイクスピア劇など、一人芝居で引き込む幕間含め3時間だった。

2幕はシェイクスピアの劇について。イアン・マッケランが観客にシェイクスピア作品は何があるかと問い、観客が答え、それについて彼が作品の一節を読んだり、実際に演じる、という内容。観客も客層が40代以上の方が多く、教養があり、シェイクスピア作品を答えられるのが素晴らしい。

最後は彼自身、劇場ロビーで寄付を募っていた。もちろん私も寄付した。こうして観客と一緒に舞台を作り上げ、そして舞台の未来のために行動するイアン・マッケランの姿はかっこいいな、と感じた。