【NTL】『リーマン・トリロジー』(THE LEHMAN TRILOGY)感想

ナショナル・シアター・ライブ『リーマン・トリロジー』を観ました。

2008年に起こった「リーマンショック」。創業家一族の三世代を中心に、3人の役者とピアニストで進む物語。演出は、映画でも活躍する、米国アカデミー賞・監督賞の受賞歴もあるサム・メンデス。

「人間らしさ」とは?

演出のサム・メンデスは、「この作品は詩的であり、人間らしさを感じさせる作品である」、とコメントしている。舞台の円環構造(最初と最後が繋がる構造)や、3世代に渡って現れる悪夢。時代が進むに連れ、最新の「トレンド」を理解しようとしてもできない苦しみ。作中では、様々な年代の方々が登場するので、年の重ね方を実際に目の当たりにすることができた。

時代が変わっても、変わらない「人間らしさ」って何だろう?私が感じたのは、「好奇心」だった。知らない、が突き動かす思いこそが、人間を人間たらしめるのではないだろうかと感じた。
そう考えると、人生において「運」って非常に大事だと思った。生まれた場所、環境、時代。自分が生きているときに運を掴み、チャンスを生かすも殺すも自分次第。改めて、今の「時間」がどれだけ貴重かを学んだ。

◆劇中の音楽

2幕終了後休憩明けに、「第4の役者」としてピアニストの方、劇中の音楽が紹介された。その中で、演出のサム・メンデスが「音楽は驚異的なスピードで物語を進める力がある」と言っていたのが非常に印象的だった。
ミュージカルから舞台観劇を好きになった私は、今作品で音楽の持つエネルギーを理解することができた。音楽は物語を彩り、ストーリーを進める力がある。だからこそ、海外でミュージカルを見ても音楽が持つ雰囲気で「雰囲気」を感じることができたし、言葉が分からなくても楽しむことができたのだと改めてその凄さを感じた。

状況説明と台詞の「間」

作中は、3人で老若男女を演じるのだが、その演技力が素晴らしい。また、3人しかいないからこそ、その人数で「状況説明」と「台詞」、加えて「演じる人物の切り替え」が必要になる。この切り替えが凄かった。状況説明⇆台詞となったとき、間に誰か入ったらまだ時間の余地があるが、状況説明・台詞と連続になったときの切り替えが素晴らしい。役者の底力を感じた。
また、単なる会話劇でなく、3時間ある作品を飽きさせない工夫として、台詞同士の「間」がテンポ良く進んでいく。そのため、お芝居を集中して見ることができた。

*
最初のヘンリー・リーマンのアメリカに希望を抱く姿は、私もアメリカに同様の思いを感じたので、とても懐かしく感じた。加えて、休憩時間に写されるロンドンの客席は、懐かしく羨ましかったので、絶対にまた行きたい。