ホリプロ

【ホリプロ】『メリーポピンズ』(2018) 〜ディズニーミュージカルの日本初演版!

メリーポピンズ観劇しました!ディズニー作品の日本初演版、とても楽しみにしていました。舞台装置に衣装、全てが緻密に作り上げられていて、とても充実した舞台でした。

✴︎6月2日 12時 3階5列 梅田芸術劇場メインホール

◼︎圧倒的な舞台の魅せ方

公園があっという間にワンダーランドになるシーン。一面に星空が広がるシーン。

星空のシーンはとても綺麗だった。梅田芸術劇場は大きい劇場なので、やはり上の階は置いてけぼりになりがちだけど、舞台の魅せ方を上の方まで意識した装置や照明だったので、とても楽しむことができた。

そしてフライング!危険が伴う中、してくださってありがとうございます、という気持ち。そしてバートの、舞台の左右と上の3つの隅を渡るシーン。途中宙吊り状態になることからとてもヒヤヒヤしたけれど、視覚的にすごく印象を与えるシーンだった。

◼︎大好きな花代さん

今回絶対見たかったキャストのお一人!ウィニフレッドのお茶目な様子・家族に対する大きな大きな愛を感じることができた。お茶目な様子が、もう本当に愛らしくて!そしてソロナンバーは絶品の歌声。

◼︎大好きなめぐさん

今回絶対見たかったキャスト!!!絶対にめぐさんのメリーを見たかった!!!本当にあの舞台に、「濱田めぐみ」ではなく「メリーポピンズ」が存在していた。めぐさんの歌声は良い意味でめぐさんだとすぐ分かる。その個性で勝負するのではなく、メリーとしての声、振る舞いでメリーポピンズとして存在していた。

◼︎あとがき

ディズニーのミュージカルということもあり、本当に全てが丁寧に作り上げられていて、とても素晴らしい作品だった。メリーのような、一本芯が通っている女性はとても素敵だなと思う。バンクス家の皆さんは、「自分自身で考え抜き、選ぶこと」をメリーから教えてもらったのではないか。人生は上手くいかない。けれど、選択により道は開けるということは確かなことであると思った。